日本国への短期滞在査証申請について

渡航目的に応じた申請を行なってください。

「短期滞在査証」とは、「観光、商用、会議、親族・知人訪問など報酬を得ない活動を目的として 90日間を超えずに滞在する方を対象とした査証」です。滞在期間が90日を超える場合(配偶者との同居、 留学等)、90日以内の滞在であっても報酬を得る活動に従事する場合(就業、興行等)又は研修内容に 実務研修が含まれるか研修手当が支給される場合には、事前に地方入国管理局にご相談の上、然るべき「在留資格認定証明書」を取得の上、査証を申請してください。

短期滞在査証の申請および提出書類の全般的な留意事項について

一、短期滞在査証申請について
⑴短期滞在査証申請の受付は、渡航予定日の3ヶ月前から可能です。
⑵審査期間は、あくまで最短では、大使館に書類到着後5〜7営業日が目処 となりますが、審査に1、2ヶ月以上を要する場合等もあり、希望の渡航予定日までに審査が終了しないことがありますので、日数に余裕を持って早めに申請を行なってください。
⑶希望の渡航予定日に応じた早期発給要請には対応できません。
⑷提出書類が揃っていれば必ず査証が発給されるということではありません。
⑸査証発給拒否の理由については、大使館より弊社へ知らされることは一切ありません。
弊社から大使館への問い合わせもできません。

二、提出書類について
⑴渡航目的によって提出書類が異なります。目的に沿った査証の申請を行なってください。提出書類に不備がある場合には申請が受理されません。申請が受理されても追加書類が必要になる場合があります。
⑵提出書類はA4サイズに揃えて提出願います。なおA4サイズ以外の書類につきましては、A4サイズに拡大または縮小コピーの上、原本と共に提出願います(フィリピンのロング及びショートサイズは可)。
⑶各種書類取得時のレシートは不要です。ホッチキスと共に全部外して提出してください。
⑷提出書類は全て、「コピー」「写し」などと記載がない限り原則として原本が求められます。
⑸「親族訪問」ケースであっても、当該親族との関係が三親等を超える場合には、「知人訪問を目的とする短期滞在査証」でご案内している提出書類を ご用意ください。
⑹偽・変造書類を提出された場合は、査証は発給されません。
⑺提出された書類は原則として返却できません。ただし、再発行が困難な重 要な書類(1世の旅券、手紙等)については返却希望に応じます。返却を希望する場合は、原本と共に鮮明なコピーを添付していただき、その旨を記載の上提出してください。
⑻申請内容によっては、大使館が追加の書類を求める事があります。この場合、大使館が書類を求めてから3ヶ月を経過しても提出が無い場合は、審査が終了となり、パスポートのみ返却となります。

査証の種類および目的と料金
査証の種類および目的 HANDLING
FEE
VISA FEE TOTAL
①観光を目的とした短期滞在査証
申請する方が、自身で計画した旅行に行く場合のことです。なお、観光目的で数次有効査証を希望する場合には、「日・ASEAN有効40周年に伴うフィリピン国民に対する数次短期滞在査証」を参照していただき、同ページに記載されている書類を提出する必要があります。
1,200php
(数次査証
2,000php)

1,200php
(数次査証
2,000php)
②知人・三親等を超える親族訪問を目的とした短期滞在査証
申請する方が、日本に居住する知人または三親等を超える親族を訪問する場合のことです。
2,000php 2,000php
③三親等以内の親族訪問を目的とした短期滞在査証
申請する方が、日本にいる親族を訪問する場合のことです。(訪問する親族との関係が三親等を超える場合には②に基づいた書類をご用意ください)
2,000php 2,000php
④商用を目的とした短期滞在査証
日本に所在する親会社・姉妹会社及び取引先での商談・業務打ち合わせ、会議出席、非実務研修等を目的により訪日する場合のことです。(活動内容に実務研修を含まれる場合には、滞在期間にかかわらず、「在留資格認定証明書」が必要となります。)
1,200php
(数次査証
2,000php)

1,200php
(数次査証
2,000php)
⑤派遣会議を目的とした短期滞在査証
商用会議を除く、セミナー及び国際会議または上記団体間の打ち合わせ等に参加・出席する事を目的に訪日する場合のことです。
1,200php 1,200php
⑥在日米兵親族または知人訪問の為の短期滞在査証
日本の米軍基地に駐留する米兵またはその配偶者を訪問する場合のことです。
2,000php 2,000php
⑦在比日本人の配偶者又は子に対する短期滞在査証
フィリピンに長期滞在査証を持って居住し、大使館に在留届を提出している日本人長期滞在者と婚姻関係にある配偶者又はその子(特別養子を含む。)が、短期的に日本へ渡航する場合のことです。
1,500php 1,500php
⑧在留資格を認定証明書を有する場合の査証
在留資格認定証明書をもって日本に在留することを目的とする場合のことです。(ただし外交又は公用目的で在留するものの個人的使用人の場合を除く)
1,200php 1,300php 2,500php
⑨通過査証
日本を経由して第三国へ渡航する際に、乗り継ぎのために日本国内に立ち寄る場合のことです。(乗り継ぎの場合であっても、日本で友人や親族を訪問する目的や商用の目的を有する時は、それぞれの目的に応じた短期滞在査証を申請してください。)
1,200php 1,200php
⑩在比外国人の為の査証

上記各目的に応じた必要書類に加え、就業、フィリピン人との結婚、退職者ビザ等で比国に長期滞在している事が証明できるIカードの両面コピーを添付して提出してください。観光ビザで滞在している方は申請できません。

2,000php 1,300php 3,300php
1,500php 1,300php 2,800php
2,000php 2,000php

※ビザフィーに関しましては日本大使館の指示により変更される場合もございます。

申請書式ダウンロード

Application Form (申請用紙/English only)

Application Form – Sample (申請用紙記入例/English only)

Guarantee Letter – Japanese (身元保証書/日本語)

Guarantee Letter – English

Invitation Letter – Japanese (招へい理由書/日本語)

Invitation Letter – English

List of Applicants – Japanese (申請人名簿/日本語)

List of Applicants – English

Schedule of Stay – Japanese (滞在日程表/日本語)

Schedule of Stay – English

Company Overview – Japanese (会社・団体概要説明書/日本語)

Company Overview – English

Reason for Requesting Multiple Entry – English

お問い合わせ
VISA受付時間
月~金 9AM – 4 PM
固定電話番号
(032)345-3549 / 344-4825
FAX番号
(032)344-4714
携帯電話番号
0917-724-3373
Email
Info@friendshipcebu.com  (Japanese / English)
セブオフィス所在地
Unit 215A Business Center B, Oakridge Businesspark,
880A.S.Fortuna St., Banilad Mandaue City

Contact Us

BLDG 1 Oakridge Business park 880 A.S Fortuna st.Banilad Mandaue City

フレンドシップツアー&リゾートコーポレーション/ Tel.00101063(032)345-3459

サイトマップ