*セブ・マクタン島について
セブ島は、フィリピン中部のビサヤ諸島にある島で、両脇を海峡に挟まれ、無数の小さな島に囲まれている。
その小さな島のうちの、中部・東海岸に接する小さな島がリゾート地「マクタン」であり、一般的に言う
「セブ・リゾート」はこのマクタン島を指す場合が多い。
マクタン島には国際空港や経済特区、ホテル、ショッピングセンタ、美しい浜辺、ダイビングスポットもある。
ヒルトゥガン島、ナルスアン島はダイビングだけでなく、スノーケリングスポットとしても人気がある。

気温は年間を通して28度~32度程度、雨期で雨の多い時期も、日本の梅雨程のジメジメ感はない。

治安は比較的良い地域だが、スリや置引などの軽犯罪は多い為、注意が必要。
夜間は特に注意を払い、クラブやバーで声を掛けられても気軽についていかない。出された飲食物等を
受け取らない等最低限の注意を。深夜の繁華街ではホールドアップの被害に合うケースも
あるので、周囲には常に気を払い、隙をみせないように心掛けたい。

resortguide_cebu1

resortguide_cebu2

resortguide_cebu3

Cebu Activities

*セブ・マクタン島の楽しみ方
海で遊びたいならば、マクタン島の沿岸沿いにあるリゾートホテルに泊まるのがオススメ。
マクタン島で観光客が行けるようなビーチは基本的にすべてホテルのプライベートビーチとなっている。
大きなホテルであれば、セブ島のアヤラモールやSMシティモールへの
往復シャトルバス(有料)を定期運行しているホテルもある。上手に利用して海もショッピングも楽しみたい。

また、マクタン島内はホテル内のレストラン以外では独立したレストランが少ないが、セブ島側には
美味しいレストランも数多くある。ぜひお目当てのレストランを見つけて「食」も楽しんでほしい。

余裕があれば、ボホール島やジンベイウォッチング等の1day tripなどにも参加し、セブの自然を満喫してもらいたい。

ホテルを探す

コルドバリーフ ビーチリゾート

マクタン島南端、ゴルドバ地区にあるリゾートです。リゾートの敷地内にあるコテージは、かまくらのような形をしていて、一つ一つが独立しています。扉を開けると、白基調の可愛らしいお部屋、バスルームも広々とした、プライベート感満載のホテルです。中心街からは少し離れていますが、リゾート内でまったりしたい方にはオススメのホテルです。

レストランを探す

エムビーズレストラン

マクタン島マクタンドクターズ総合病院の近くにあるドイツ料理店。個人的にはアメリカンナイズされたイタリア料理だと思うが、フランクフルトがあるのでドイツ料理と言っておこう!!ボリュームのあるスパゲッティ―とピザは3人~4人でたべることをお勧めします。夜になるとバーに様変わり、外国人の多く訪れる店となります。

オプショナルツアーを探す

セブ市内観光(半日/昼食付)

およそ300年にも及ぶスペイン統治時代に影響を受けたスペインの町並みが今だに残るセブ島。 スペイン統治下で建造されたフィリピン最古の教会サントニーニョ教会やマゼランクロス、 サンペドロ要塞跡等の歴史スポットを回ります。 セブの庶民が集まるカルボンマーケットを通った後はショッピングモールでのお買物と、 美味しいランチをお楽しみください。 リゾート地セブのちょっと違った一面を探索してみませんか?

サイトマップ